グリーンスムージーか手作りお菓子でダイエットをするかどれがいいか!?

家族がダイエットをしたいというので、食事の面でサポートをがんばったことがあります。それまでは市販のおやつを食後によく食べていました。
スナック菓子やナッツにチョコレート、おまんじゅうにクリームの入ったお菓子。仕事がハードな上、お酒も飲めず、甘党だったので、お菓子は欠かせないものでした。

そこをなんとかできないものかと、市販のグリーンスムージーや手作りのお菓子をいろいろと作ってダイエットに励みました。

野菜を使ったお菓子です。野菜をいれると繊維がとれ、脂肪を流してくれますし、いろいろな栄養も摂ることができます。
まあグリーンスムージーも良いんですけどね!ただ野菜たっぷりで栄養価のグリーンスムージー どれがいいかがわからないので今回は保留です。

ただ、初めのうちは不評なものも多かったですね。おからのケーキなど、黙って食べてくれましたが、少し口触りが気になります。

これはよかったなと思うものは、まず豆乳白玉です。豆腐を混ぜて作る白玉もあるのですが、それよりも豆乳のほうがおいしかったです。

それに小豆を甘く煮たものをかけて、冷やしぜんざいにします。また、黒蜜ときなこをかけてもおいしいです。

あとは切り昆布のおせんべいです。これは刻み昆布と桜えびをご飯に混ぜて薄く延ばし、3cm角に切って油で揚げます。

昆布はあらかじめ1,2センチほどの大きさに切っておきます。昆布のしょっぱさで、塩もいらず、栄養もとれ、おかきのような味がするので、スナック菓子の代わりになります。

中高年層が実践するダイエットの取り組み

近頃では、中高年層の人たちが、意欲的にダイエットに取り組むようになり始めているのではないかと考えられています。

このような傾向は様々な方面において見受けられるようになりつつあり、関心の度合いが高まる傾向にあると言えるのではないでしょうか。

長期的なスパンでダイエットを計画し、実践に移す中高年の人が多数存在しているとされており、実際に体重を減らして健康的な暮らしを送っている人も多いのではないかと思います。

このようにして、中高年の人々からダイエットに対する関心が高くなってきていることに関しては、複数の分野からの注目が寄せられるようになりつつあります。

老後も健康的に過ごすためにダイエットに踏み切るというケースが最も多いとされており、明確な意思を持ったダイエットである場合が多いと推測されています。

また、健康増進や長寿化にも直結する可能性のある取り組みでもあることから、中高年層の人がダイエットを行うことについては積極的に推奨されていくのではないかと思います。

適切な方法でダイエットがなされることが望まれるでしょう。